士業マーケティング(行政書士)

行政書士事務所のマーケティング

行政書士市場の現況

行政書士登録数は年々増加している(H29:46,205人)いる一方で、3年以内での登録抹消率(廃業率)も50%近い数値になっています。

その理由としては、行政書士の母数の増加による競争激化ももちろんのこと、仕事を依頼する一般の人が行政書士の仕事内容、サービスをしっかりとは把握できていないことによって「新規獲得の手法」や「営業力・コミュニケーション力」によって受注率を大きく左右してしまうことにあるのかもしれない。

確かに、行政書士は権利義務または事実証明に関する書類のすべてを取り扱うことができ、作成できる許認可・届出書類の数は1万種類を超えるといわれています。

例)賃貸契約書、雇用契約書、離婚協議書、旅館業許可、飲食業許可、ビザ申請

行政書士のサービスを理解してもらうことが顧客獲得、売り上げの増加につながるでしょう。

行政書士は他士業にくらべると案件の単価が安い一方で、複数案件を同時進行することが比較的やりやすいので、いかに多くの案件を獲得できるかがキーとなる。

対応できる書類の数が多い分、多くの事務所が自分の得意分野を売りにしてく事務所が多いのも業界的な特徴でしょう。

行政書士事務所のマーケティングのPoint

以下のポイントを抑えてマーケティング戦略を検討しましょう。

一般の人にはなかなかお堅いイメージのある「書類作成」業務ですので、内容を理解してもらうことはなかなか難しいと思います。そんな時、一般の人に「何を」「どこまでのレベルで」「どのような形で」伝えていくのを考えていきましょう。

せっかくのマーケティングで問い合わせを獲得しても、しっかりと受注ができる環境がなければ無駄に終わってしまいます。マーケティング戦略の実行前から問い合わせ獲得後の営業力の重要性を意識した準備をすることが大切です。

業務ドメイン、つまり行政書士事務所としての得意分野を明確にすることがマーケティング戦略立案の第一歩です。

Ex)宿泊業許可に強い!ビザ申請に強い!など

行政書士の登録者数の増大や人口減少に伴う案件そのものの母数の減少など、社会全体の流れとして競争激化が持続していくことを理解し、時代・潮流に合わせて適切なマーケティング手法を展開して持続的な事務所運営を目指すこと。

上記4つのポイントを押さえて以下の3つに取り組みましょう!!

行政書士事務所のマーケティングTODO

・・・具体的にどうすれば良い??

行政書士の集客・マーケティングに強いコンサルティング会社

マーケティングソムリエ沖縄にご相談ください。

コンサルティング料金