士業マーケティング(税理士)

税理士事務所のマーケティング

税理士市場の現況

税理士登録数は年々増加している(R2:78,714人)いる一方で、税理士試験の受験者数は減少傾向が強まってきています。その結果、長期的には減少に転じると想定されています。

また、日本を取り巻く社会状況的にも、中小企業の統廃合や活発なM&A等を経て企業数は減少傾向に向かっていくことが想定されており、市場は飽和状態へ向かっていると言えるかもしれません。

さらに、弁護士や会計士の税理士業務への参入も現在増加傾向にあり、既存の税理士としては厳しい状況に追い込まれていく可能性も出てきています。

つまり、市場規模も税理士の母数も減少傾向、そして弁護士や会計士などの他社参入の脅威などを考えると今後中長期的に競争激化は免れない状況にあると言えるでしょう。

業務内容に関して言えば、税理士がどんな業務を行っているのか?ということに関しては司法書士や行政書士に比べると比較的一般の人にも馴染みがあると想定されますが、それを集客にどう活かすのか?という観点ではなかなか明確な意思とやり方が確立できている税理士事務所様は少なく感じます。

また、売上構成に関しても、行政書士のように単発業務でなく、だいたいが継続的な顧問契約となることが多いというところも特徴の一つと言えるでしょう。

そのことから、新規の顧問契約をいかに積み上げて、解約率を低下させていくかが重要となってくるでしょう。

税理士事務所のマーケティングのPoint

以下のポイントを抑えてマーケティング戦略を検討しましょう。

新規獲得と既存のフォローは根本的にやり方が違います。マーケティング戦略を現場に落とし込むためには「新規契約獲得」と「既存顧問先のフォロー」とのバランスを意識することが大切です。

せっかくのマーケティングで問い合わせを獲得しても、しっかりと受注ができる環境がなければ無駄に終わってしまいます。マーケティング戦略の実行前から問い合わせ獲得後の営業力の重要性を意識した準備をすることが大切です。

業務ドメイン、つまり税理士事務所としての得意分野を明確にすることがマーケティング戦略立案の第一歩です。

Ex)融資支援までやります!法人税節税に強い!など

社会全体の流れとして競争激化が持続していくことを理解し、時代・潮流に合わせて適切なマーケティング手法を展開して持続的な事務所運営を目指すこと。

上記4つのポイントを押さえて以下の3つに取り組みましょう!!

税理士事務所のマーケティングTODO

・・・具体的にどうすれば良い??

税理士の集客・マーケティングに強いコンサルティング会社

マーケティングソムリエ沖縄にご相談ください。

コンサルティング料金